〔02〕音楽がつなぐ縄文と現代(宮崎と香川県の文化交流)

アルゼンチンタンゴをはじめ、クラッシックからポピュラー、オリジナルまで幅広いジャンルの楽曲を楽しめ、縄文時代から楽器として使われたと伝わるサヌカイトの調べが溶け込み歴史と音楽が美しく調和したコンサートです。
また会場は中津万象園という300年の歴史的遺産を持つ大名庭園内です。地域の観光、歴史資源や芸術に触れる公演会になります。
あわせて市民プロデュースによるおとなの散歩も同時開催します。

音楽がつなぐ縄文と現代(宮崎と香川県の文化交流)
とき2022年11月20日(日)
開場13時
開演13時半~15時30分 休憩あり
※ 午前10時~11時 会場の中津万象園内の庭園にておとなの散歩実施予定。
ところ丸亀市:中津万象園 (丸亀市中津町25-1)
入場料等1,000円(一般前売券)
500円(中学以下)
演奏者外山 友紀子(フルート)
啼鵬 (バンドネオン)
金 庸太(ギター)
臼杵 美智代(サヌカイト・マリンバ)
企画・製作NPO法人 iさいと
新型コロナウィルス感染拡大防止対策にご協力ください。
■ 新型コロナウィルスの感染拡大状況をふまえ、事前の告知なくスケジュールの変更、公演の中止させていただく場合があります。最新情報は、本ホームページをご確認ください。
■ 各公演の入場時に、受付で、来場されるお客様に氏名と連絡先の記帳及び検温を実施する場合がございます。事前に予約されても、当日、体温が 37.5°C以上のお客様に関しては、入場をお断りさせていただきます。
■ 公演入場時に、お客様にはマスクの着用、消毒液での手指の消毒のご協力をお願いいたします
※ 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご理解ご協力をお願いいたします。