〔11〕劇団ゼロQ第26回公演「狐の裁判」

ドイツの文豪ゲーテ作の童話「狐の裁判」を、劇団ゼロQの原口奈々が潤色。演出に濵沙杲宏(劇団こふく劇場)、音楽に服部響を迎え、生演奏入りで、子どもから大人まで楽しめる劇として上演する。
登場するのは狐、ライオン、狼、狸などすべて動物。悪行の限りを尽くした狐が裁判にかけられ、極刑を言い渡されるが、ずる賢い手を使って逃れていく。果たして狐に罰を与えることはできるのか!?

劇団ゼロQ第26回公演「狐の裁判」
とき2022年12月
 ①17日(土)19時
 ②18日(日)11時
 ③18日(日)16時
ところ宮崎キネマ館
入場料等一般前売2,000円(当日2,500円)
中高生1,000円 ほか
主な出演者前田晶子、原口奈々、原田千賀子(以上、劇団ゼロQ)、畝原功気(宮崎県オペラ協会)ほか
企画・製作劇団ゼロQ
新型コロナウィルス感染拡大防止対策にご協力ください。
■ 新型コロナウィルスの感染拡大状況をふまえ、事前の告知なくスケジュールの変更、公演の中止させていただく場合があります。最新情報は、本ホームページをご確認ください。
■ 各公演の入場時に、受付で、来場されるお客様に氏名と連絡先の記帳及び検温を実施する場合がございます。事前に予約されても、当日、体温が 37.5°C以上のお客様に関しては、入場をお断りさせていただきます。
■ 公演入場時に、お客様にはマスクの着用、消毒液での手指の消毒のご協力をお願いいたします
※ 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご理解ご協力をお願いいたします。